個人情報の保護 お問い合せ
  自動車業務に関する説明

 

 身近な行政書士が、自動車登録や、車庫証明に関する書類の作成・提出代行をします。

 1 自動車登録申請には以下の手続が必要です。

 

 ・     新規登録⇒ナンバープレートがついていない自動車にナンバープレートをつける場合

 ・     移転登録⇒ローン、リース契約が終了した場合や個人売買で車を購入した場合

 ・     変更登録⇒転勤、引越し等で住所が変わった場合や結婚して氏名が変わった場合

 ・    一時抹消登録⇒一時的に車を使用しなくなった場合

 ・    永久抹消登録⇒車を使用しなくなったので解体処分した場合

 ・     番号変更⇒自分の好きな番号をつけたい場合。

        希望ナンバー

 ・     軽自動車記載変更申請

       ⇒軽自動車の所有者又は使用車が

        変わった場合で軽自動車審査協会に申請 

 

  2 普通自動車は登録前に、車庫証明が必要です。

 

  車の使用者は、住所を管轄する警察署に自動車保管場所証明書

  申請をして車庫証明をとってから、登録することになります。

  ただし(村はいりません。) 

 

  3 軽自動車でも車証明が必要な地域があります。 

 

  福島市、郡山市、いわき市、会津若松市に住所を有する

  使用者は、必要となります。 

 

 

  4 自動車運送業関連の許可申請

 

  次のような許可申請が必要な時は、行政書士にご相談ください。

 

   ・  特殊車両運行許可申請

   ・     一般貨物自動車運送事業許可申請

   ・     有償貸渡許可申請(レンタカー・リース)

 

  ・     一般乗用旅客自動車運送事業経営許可申請(タクシー)

 

  ・     一般貸切旅客自動車運送事業経営許可申請(貸切バス)

 

◆Q&A(よくある照会)(福島県の場合です。)
   
@申請書の提出先(申請窓口)はどこですか
   Aナンバーを盗まれたのですが
   Bナンバーが壊れて(見えなくなって)しまったのですが
   C福島県内に引っ越してきたのですが
   D他県に転出するのですが
   Eナンバーの封印が取れてしまったのですが
   F車検証を紛失してしまったのですが
   G車の所有者が亡くなったのですが
   H希望ナンバーを付けたいのですが(福島県自動車会議所のホームページにジャンプします)
   I車の名義人(持ち主)を知りたいのですが
   J手続きはどれくらい時間がかかるのですか
   K郵送で手続きはできますか
   Lユーザー車検を受けたいのですが
  
M軽自動車の手続きはどこでするのですか

 

 
 
  司法制度改革により

 現在、国の司法制度改革により、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR基本法)の公布や総合法 律 支援法が制定され、裁判によらない市民間 のもめ事を解決する方法が模索されております。そんな中、福島県行政書士会では隣接法律専門職者として、また、将来裁判外紛争解決手続実施者をめざして国 民の皆様の利便に資するべく日々努力研鑽をしております。


 
HOME行政書士の仕事 総合相談センター会員紹介便利帳・知恵袋行政書士会のご案内会員専用ページ

©2008 福島県行政書士会 All rights reserved.