個人情報の保護 お問い合せ
  交通事故に関する説明

 

行政書士は、当事者(加害者又は被害者)に依頼に基づき

交通事故にかかわる調査や保険金請求の手続を行います。

又被害者に代わり、損害賠償額算出に供する基礎資料の作成、

損害賠償金の請求までの手続を行います。

そして加害者、被害者、双方間で示談が成立している場合は

「示談書」の代理作成をします。

1 交通事故の3つの責任とは 

 @民事責任⇒ 交通事故により被害者に与えた損害を賠償しなければ

           なりません。

 A刑事責任⇒ 交通事故を起こした加害者が、犯罪を犯したとして、

           懲役刑や固刑、罰金刑などに処されます。

 B行政上の責任⇒  事故を起こした者が、公安委員会より、運転免許

             の取消や停止等の処分を受けます。

2 自賠責保険と任意保険の違いとは
   

  @自賠責保険 自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)に

   基づいて自動車の運行により生命または身体が害された人身事故

   の被害者を救済する目的で、すべての自動車に対し契約することを

   義務づけている強制保険です。

  ※自賠責保険に加入せず自動車を運行すると、1年以下の懲役また

   は50万円以下の罰金となります。
   

  A任意保険 保険会社が、売り出している自動車保険であり、自動車

   の所有者や運転者が加入するかどうかは、自由です。     

   しかし、万一交通事故を起こした場合、多額の賠償責任が生じること

   から、自動車を所有または運転している人の多くが加入しています。

3 自賠責保険の請求方法とは、…請求の方法は2つあります。
   

  @加害者請求⇒ 自賠責保険に加入している加害者が、被害者に

             損害賠償金を支払ってた上で、その実際支払った

             限度で、自賠責保険会社対し、領収書その他の

             必要書類をそれて保険金を請求する方法です。

  A被害者請求⇒ 被害者が、加入している自賠責保険会社に対し、

             必要書類をそえて、直接損害賠償金の支払を

             請求する方法です。

4 損害賠償として請求できる範囲     

  @財産的損害⇒ 積極損害…治療費、交通費、葬儀費用、

                    車両修理費など

             消極損害…休業損害、後遺症による逸失利益、

                    死亡による過失利益、休車補償など
    

  A精神的損害⇒ 傷害(入通院)慰謝料、後遺障害慰謝料、

             死亡慰謝料

5 示談交渉とは  

  交通事故によって損害を被った人が、その損害を填補してもらう

  ために相手方と行う交渉です。

  従って示談交渉ができる人は、その損害賠償権を持つ人とその

  代理人です。

  損害賠償権を持つ人は、被害者や被害者が死亡した場合には、

  その相続人となります。  

  示談交渉の相手方は、原則として加害者です。

  (運行供用者も損害賠償義務を負うことがあります)

  ただし、加害者が保険に加入している場合には、加害者が加入して

  いる保険会社の担当者と示談交渉をすることになります。

6 過失相殺について

  被害者側の過失割合に応じて損害賠償額を減額することを

  過失相殺といいます。   

  被害者側の過失割合によって被害者が加害者に請求できる金額

  が大きく変わることになります。 

 

 
 
  司法制度改革により

 現在、国の司法制度改革により、裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律(ADR基本法)の公布や総合法 律 支援法が制定され、裁判によらない市民間 のもめ事を解決する方法が模索されております。そんな中、福島県行政書士会では隣接法律専門職者として、また、将来裁判外紛争解決手続実施者をめざして国 民の皆様の利便に資するべく日々努力研鑽をしております。


 
HOME行政書士の仕事 総合相談センター会員紹介便利帳・知恵袋行政書士会のご案内会員専用ページ

©2008 福島県行政書士会 All rights reserved.